#カムバ前のKドルがカムバックしました。

f:id:hyuna14112:20170310142318j:plain

こんにちは、すいみーです。なんとなんとカムバ前のKドル、カムバックしました。

長かった。ひたすら長かった。途中で何度辞めよう、もう良いじゃないって思う事もあったけど死にそうな毎日の中Twitterで出会った皆さんの頑張りを見て「近くにこんなに頑張ってる人がいる。私だって頑張らなきゃ」って本当にたくさんいい刺激をもらいました。1人1人にお礼を言いたいのですが、なかなかなしえないことなのでこの場を借りて感謝の言葉を。本当にありがとうございました!!!

ショートパンツを着て鏡の前に立った時、思わず涙が出てきて、いつも憎かったあの太い脚があの頃よりずっとマシになって私のものとして鏡に映ってる。あんなに太かったウエストもSサイズが入るようになって、もう少しでSSも入ります。見向きもされなかったのにたくさんの人に「綺麗になったね」って言えるくらいになってすごくすごく嬉しかった。何度も出来っこないってバカにされたけど、バカにされても頑張って良かった、努力は裏切らないんだなって思いました。

例え失敗したって誰かに「ダメな奴だ」って言われても、失敗から学んでまたトライして成功の道を自分で作って、いつも心の中で言われた「ダメな奴」という言葉の後ろに「今はね」とつけていました。成功の裏に血の滲むような辛い日々や、どれだけカッコ悪くても、私は楽して誰かのおこぼれを貰って生きるようなのうのうとした生き方は絶対にしないって思ってたから、途中で諦めそうになった時何度も「お前はここで諦めて誰かの後をついて生きていくのか?」と自分に訊きました。

 

だから今日大勢の前に立って自分が堂々と踊っている時、今までの事がいっぱいフラッシュバックしてきてまた泣きそうで、でも隣に立ってた友達が物凄い力で手をつねってきたのでなんとか持ちこたえました(笑)

高嶺の花でここらで最も美しいと言われる友達の隣に立って、踊れることが嬉しくて心がいっぱいでした。ずっと部活でマネージャーとして面倒をみてた子が、「いつのまにか先輩こんなに綺麗になっちゃってさ」と言ってくれてすごくすごくすごく嬉しかった。どんくさくて、いっつも迷惑かけてばっかりで試合に負けた時も良い事なんて一切言えなかったのに、最後「先輩が俺たちのマネージャーで心底良かったって思ってる」って言ってくれた時は本当に声あげて泣きました。

ずっと側に居てくれた人たちが私の頑張りを認めてくれて、支えてくれたことがすっごい嬉しかった。

 

幼馴染や友達の同い年ということが信じられない言葉に常に助けられてきました。幼馴染は夢を叶えるべく海外へ3年間留学することが色々ありましたが決定し、友達は周りに絶対ムリだと言われた学校へ推薦、それも1番の成績で入学しました。こんなに素晴らしい人たちが側に居てくれて本当に誇りに思ってます。

 

そして最後に名言はきまくりな友達と幼馴染が言ってくれたありがたーいお言葉を。

・幼馴染

「失敗してこけた時、永遠にそこで痛い痛いって泣くな。どれだけ痛くても辛くても必ず傷は癒えて、そのぶんだけ強くなれる。でも泣いてたら痛いままだ。お前は若いんだから苦しめ、辛い思いをしろ。そうしたら弱い立場の人間の気持ちも分かるようになる。間違ってもそういう立場の人間を見下すようなバカな真似だけはするな。前だけを見て生きろ、振り返るな。かすり傷ぐらいで絶対に立ち止るな。出来るとこまでやって生きろ。でも周りに迷惑はかけるな。「ありがとう」と「ごめんなさい」がいくつになっても素直に言える人間で居ろ。」

 

・友達

「この世の中には誰かの成功を妬んでどうにかして今の地位から転落出来ないかって常にタイミングをうかがってるバカが居る。でもそんなバカが仕掛けたトラップになんて絶対ひっかかるな。他人の声なんて気にするな。あんたはあんたが選択した道でベストを尽くせ。ゆう(幼馴染)が「振り返るな」言ってたけど、いつかあんたは自分の今までの人生を振り返る時が来る。その時に「もっと頑張れば良かった」と思うか「もう悔いはない」と思うかは、これからのあんたの選択にかかってる。人生は1回だけでゲームみたいにまた生き返れはしない。だからこそ自分が後悔しない道を歩け」

 

私「待って涙枯れたと思ったらなにこれめっちゃ出てくる」

 

 

***

まぁこんな感じです。でも私の本当の夢は大好きな人の隣に行く事なのでまだまだ頑張ります。これからの日々もまた生き抜いていきます。